Peeping_tom’s diary

思ったこととか書いていきます。

対人恐怖症

こんにちは。

本当は僕のクラスの事について書きたかったのですが予定を変えちゃいました。

 

実は、今日も学校で先生とお話する機会がありました。

面接みたいな感じで。

今日は目が泳がないように自分でも気をつけて、目線を頑張って合わせました。

でも、今日も「目が泳いでる」って言われました。

だけど、「昨日よりはマシだけどまだやっぱ泳いでるね」って言われました。

で、さっき家に帰ってから色々考えました。

晩御飯食べました。

その後、自分の部屋戻って泣きました。

なんで気をつけたのにできないのかなーって。

で、少しそういう症状調べてたら、対人恐怖症っていうのがwikipediaで出てきました。

いくつか対人恐怖症の項目があったのでチェックしてみました。

結構ビックリしました。割と当てはまってたんですよ。

 

以下リストアップしていきたいと思います。

視線恐怖症。これは前記事で言及した通りです。

醜形恐怖症。割と身体とか気にして、筋トレとか始めちゃう辺りそうなのかもしれません。

嫌疑恐怖症。これ、思い当たる節がかなりあります。

電車に乗った時とか、大して人が居ないのにもかかわらず女性が座っている席、またはその隣、向かいの席。ここら辺は大体避けます。

向かいの席とか座ったら盗撮したと勘違いされそうだし、隣の席に座ったら痴漢と間違えられそうでイヤだからです。

あと、ついこの間コンビニに買い物行った話。目薬あるかなー、って探してたんですけどなかったんですよ。

でも、そのまま出ようとしたら万引きと間違えられそうだし、って思ってなかなか出る為の踏ん切りがつきませんでした。

雑談恐怖症。自分でも割りと会話が下手な方だと思い込んでます。て言うかそう言われてるし。

体臭、口臭恐怖症。口がくさいって前言われてから、ガムを噛むようにしてます。あと糸ようじ使ったり。歯はちゃんと磨けるように海外の歯磨き粉使ってます。

口臭に関しては結構センシティブです。

 

あと関係ないかもしれないんですけど、大勢の前でプレゼンする機会があったんですよ。誰が発表してもいいようなやつ。

だから、「僕は人前で話したくはないから、君やってくれ」って別の奴に頼みました。

結局、その人が大勢の前で喋る係、僕がスライドを切り替える係やったんですよ。

でも本番になってから何故か、Enterキーを押すための手が震えてました。

絶対にプレッシャーは、大勢の前で喋ってる彼の方が大きいはずなのに。

 

で、こんな事思い出してて、「これ、先生になんて言おうかな」って考えてました。

そんな事考えてる自分が滑稽でまた泣いてしまいました。

明日は自分からこういう申告を先生にしてみるつもりです。

一応、カウンセリング受ける事も考慮に入れています。

 

いずれにしろ、僕にはこれを治す為の時間はありません。

今後の身の振り方を考えておいた方がいいですね。